FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



↓気に入っていただけたらクリックでランキング投票お願いします♪ それぞれ1日1回でOK^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | トラバ(-) | コメント(-) | [編集]

幽霊 6話まで

以前こちらで見ていると書いたっきりでしたが、こちらも順調に見てます、「幽霊(유령)」!!
6話まで見ました~!

いやはや、予想通り(?)視聴率がぐんぐん伸びてますね~

6話では12.2%(AGB)!!

強敵「カクシタル」が上にはいますが、それには勝てないにしてももっと視聴率あがるんじゃないかな~?と予想。
だっておもしろいんだもん。

以下簡単な感想~



抜群のスピード感と予想外の展開…
それが連続しているので、続きが気になる気になる。
何度も言ってますが、はっきり言っておもしろいです。

ただ…やはり言葉もそうですが内容も難しい><
パソコンとかそんなに得意じゃないので、IT用語全然わからないし^^;
ま、難しい専門用語は脚注で説明してくれてるんだけどね~。

これを書いている脚本家さん、天才なんじゃ!?って思う。
そしてハッカー経験あり?みたいに疑いたくなる…(笑)

そんな作家さんのお名前はキム・ウニ(김은희)さん。

名前を聞いて「ん…?」って思った人は多いはず??
私もその一人で…
そうですあの有名な「冬のソナタ」や「雪の女王」などを描いた人もキム・ウニさん。
でも同姓同名の別人なんですよね~。

びっくりしたのが、韓国の作家「キム・ウニ」は3人もいるらしい@@!(笑)

みなさん本名なんでしょうけど、すでに有名な同姓同名の作家さんがいたら、別の名前とかつけたりはしないんですかね~?^^;
韓国って俳優とかでも普通に同姓同名いっぱいいますしね(笑)


ちなみにこの「幽霊」のキム・ウニさんは、他には「サイン」しか書いていないっぽいですね。
ポータルサイトのプロフィールではそれしか載ってませんでした。





さてさて話がそれましたが…(笑)
5話であっさり(?)ミッチンソ(狂牛。笑)のヒョクジュにウヒョン=ハデス=ギヨンだって気づかれてしまってオットケ~!?って感じで、しかも電力会社へのDDoS攻撃を阻止するためにウヒョン自らハデスの悪性コードを使って阻止して…自分がハデスだと言ってるようなもので…
もう6話にして(全20話なのに!!)ウヒョンの本当の正体がバレてしまうの~><????

なんて思ったんですが…うまく切り抜けましたね。
ギヨンが使っていたPCのCドライブとDドライブのパスワードは、それぞれY2KとCIHで警察大学時代二人を魅了させていたウイルス?の名前だったみたい。
しかも同期だっただけでなく、部屋も同じでとっても仲良かった二人だったから、その二つのキーワードはお互いよく知っている共有していたものだったのよね。

でもミッチンソはまだ疑ったままだけど…
どんどんウヒョンの姿をしたギヨンは追い込まれるんでしょうかね???

PC自体を開けるパスワードの「since1999」はどういう意味だ??なんてミッチンソに聞かれてたし…

この「1999年」はとっても気になりますよね。
二人が警察大学に入学した年、そしてギヨンが退学した年、そしてオム・ギジュン演じるチョ・ヒョンミンのアボジの死んだ年…すべて1999年なんですよね。(お墓の前に座ってたからたぶんアボジだと思われる。)

そして回想シーンからギヨンが警察大学退学を決心した理由も明らかになりました。

当時からハッキングなどの能力が優れていたギヨンは、当時警察であったウヒョンのアボジのメールに侵入し、そこで「セガングループ政治秘資金捜査指針」という国家機密文書を見つけます。それはどうやら事件を隠ぺいするものだったみたい。
真実を明らかにするべき警察が、隠ぺいにかかわっているというのを知り…警察に対する信頼を失って警察大学をやめてしまったのね。


そしてミッチンソに「since1999」の意味を聞かれたとき、ウヒョンの姿をしたギヨンは「サイバー捜査隊に支援すると決心した年」と答えたのよね。

おそらく、権力によって非道なことをしてしまっている警察なので、自分は警察の外から、ハッカーとしてサイバー捜査を支援しようと決心したギヨンだったんじゃないかな~なんて思いました。

本物ウヨンも何かに手を染めてしまっていたからね…
警察ってそういうところなのかも><


当時ウヒョンアボジが隠ぺいしようとしていたセガングループの事件ですが、セガン証券の代表者がヒョンミンなので、ここもつながってきますよね。

どんな事件だったのか、そしてなぜヒョンミンのアボジは死んでしまったのか、そしてウヒョンはなぜヒョンミンとつながることになったのか…そしてシン・ヒョジョンが持っていた殺人の動画は一体…???


とっても気になりますね。
小さな事件は2話ずつ完結していくのかな?でも裏で動いているものがどんどんつながって明らかになるのがとっても気になるしおもしろいです。

あ、そうそう今回電力会社を攻撃していた香港の組織のひとりが、ウヒョンを殺した人でしたよね??(違ったっけ???)というときはその人もヒョンミンと関係あるの??
そして6話の最後に「ウヒョンの彼女」とウソをついた女は一体!?


わ~来週も続きが気になります。


…が、日本語字幕が欲しいです(涙)
いつまで付いて行けるかなぁ…私(笑)

よろしければ拍手を^^
↓気に入っていただけたらクリックでランキング投票お願いします♪ それぞれ1日1回でOK^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
幽霊 | 2012/06/15(金) 21:14 | トラバ(-) | コメント(6) | [編集]
コメント
もんちょんいさん、こんにちは。初めてコメント入れさせて頂きます^^
私も幽霊、楽しく視聴しています。現在いろんなドラマ並行して見ているのですがダヴィンチコードや根の深い木などのジャンルが好みの私は一番幽霊を楽しみながら視聴してます^^

>「サイバー捜査隊に支援すると決心した年」
ああ、そういう見方もできますね!私はミッチンソに自分はウヒョンだと思い込ませるために「サイバー捜査隊に志願すると決めた年」だとキヨンが答えたんだと思ってました^^
지원は同じスペルで「志願」と「支援」という両方の意味がありますもんね~。

誰よりも正義感の強いキヨンだから退学という道を選んだんでしょうね。
犯罪ではあるけれど、ハーデスになって官公庁など公的機関をハッキングして不正事件を白日のもとにさらして彼なりの正義を貫こうとしてた彼が最後に罰せられたりするのは…嫌だなぁ…^^;

個人的にずっと引っかかってるのが4話でヤンピョン양평に住むウヒョン父を訪ねたとき、死んだような眼をして一切表情動かなかったのに息子のソヌが「アッパ!」とウヒョン(キヨン)に抱きついたとき、一瞬ウヒョン父の表情が変わった(目が動いた)気がして…。
どのような病状かまだ明らかにされてないですが、あのときのガンミとの会話を実は聞いててウヒョンが実はウヒョンではないことに気付いたのかな…?とかいろいろ邪推してます^^;
そういえば6話の最後に出てきた昨年過労死したナム社長の事件、管轄がヤンピョン양평警察署で…これは単なる偶然なのか?と思ったり…もう何から何まで疑わしくて邪推しまくってる私です。

幽霊とDr.JINは専門用語が多くて、注釈が付いていても意味が完全には理解できないのでドラマ見終わってからネットで検索して単語の意味をなんとなく理解できるといった具合です^^;
ビッグと紳士の品格で頭をリラックスさせてるって感じです(笑)。

私キム・ウニさんが3人もいるとは知りませんでした!!
ラブトレジャーの脚本家もキム・ウニssiですよね。この人は冬ソナ執筆された方なのか、それともまた別の3人目の脚本家の方なんでしょうかね…?
幽霊、サインのキム・ウニssiはシン・ハギュン、イ・ボヨン主演の「危機一髪プンニョンマンション」を共同執筆されてるようですよ^^
2012/06/16(土) 19:55:09 |  URL | つなこ。 #9K64Lzaw [編集]

はじめまして~!コメントありがとうございます♪^^
幽霊おもしろいですよね~!^^でもよくわかってないまま見てます(笑)
ホントだ!지원って「志願」って意味もあるんですね@@でもそうしたら「志願」の方がしっくりくるような…。ということはウヒョンの立場から答えたってことになりますね。なるほど~です。教えてくださってありがとうございます!

>彼が最後に罰せられたりするのは…嫌だなぁ…^^;

私もそう思います。警察の中にいる人の方が、その立場を利用して、不法ではないかもしれないけど隠ぺいとか悪いことをしていて、不法なことをしていたとしても、正義を守ろうとしているハデスの方が悪くて罰せられてしまう…っていうのは納得が行きませんよね。

私細かく理解してないまま見てるんですが^^;ウヒョンの父の住む場所と、ナム社長の事件の管轄が同じヤンピョンだったんですね!?わ~なんかいろいろあちこちに伏線がちりばめられているようなドラマなので、もしかしたら…ですね@@
大変参考になりました!ありがとうございます♪もう一度見返してみようかなぁ…なんて思って来ました(笑)あらたな発見があるかも~^^

ビッグと紳士の品格は気楽に見れて、また違った魅力がありますよね♪少なくともこのドラマみたいにぐったりと疲れる感じが今のところないですもんね(笑)

ラブトレジャーの脚本家さんは「冬ソナ」と同じ方みたいですね。
今検索してみたら「冬のソナタ」「ランラン18歳」「ラブトレジャー」「お嬢さんをお願い」などを書いてました。「ユン・ウンギョン」って作家さんと共同で執筆している作品が多くてたぶん一番有名なキム・ウニ作家さんなんじゃないかな~?なんて思ってます。

この作品のキム・ウニ作家さんは他にも作品書いているんですね~!いろいろ混乱しますね(笑)

またいろいろ教えてください~^^
2012/06/16(土) 21:03:21 |  URL | もんちょんい #GWMyNl/. [編集]

お手数おかけしてすみません><;私こそ自分で検索すれば一発で出てくるところを調べていただいて…^^;
冬ソナ、ランラン、ラブトレジャー、お嬢様、すべて同じ作家さんなんですね!全て視聴してますが同じ作家さんの作品だと気付かずに見てました^^;
個人的には私の中で作品の当たり外れが極端な作家さんかも…です(笑)。

4話でウヒョンの携帯のナビシステムの履歴をキヨンがチェックしてガンミの家にたどりつきますよね。ガンミの家とは知らず。
(詳細なシーンはないですが、ヤン・スンジェの携帯のときと同様、携帯会社にハッキングしてウヒョンの情報を盗み出したんじゃないかな、と推察してます)
基本は警察と事件現場しか検索してないのに捜査に関係ない場所をいくつか検索しててそれがガンミの家と江原道のキャンプ場(息子ソヌと行ったと思われる所)と今から行くところ…と行ってガンミと向かったのが父の住むヤンピョンだったんですよ。

その後ガンミがウヒョンのナビ履歴を見て自分の住所が検索されてたのを確認するシーンがあるんですが、その直前に江原道のキャンプ場とヤンピョンの住所がちらっとうつってました。
ナム社長の調書の一番上にはヤンピョン警察署と書かれてて、同じ管轄エリアだな~と思っただけなんです。本当につながりがあるかは不明ですが…。

でも私、どうしてもこの手のドラマは伏線を探しながら見てしまうんですよね~。
無駄なセリフやシーン、動きはない!と思ってしまうもので^^;ついつい邪推しがちです(笑)。

もんちょんいさん、いつも詳しくあらすじ書かれていてすごいなぁと思います。
いつも楽しく拝見させていただいています。これからもあらすじ楽しみにしています^^
2012/06/16(土) 21:44:43 |  URL | つなこ。 #9K64Lzaw [編集]

こんばんわ~!

詳細レビュー&解説、ありがとうございます♪

私も、脚本家さんの経歴を誤解していたので・・・お教えいただき、勉強になりました!
ほんと、今作の脚本家さんは、ハッカーだったとしか思えないくらいの描写のスゴさがありますね。
香港ハッカー集団vsギヨン=ハデスの対決は迫力がありましたね。カッコ良かったです♪

ギヨンは、ウヒョンのお父さんともかなり親しかったみたいですね。
英語訳では、「お父さん!」とたしか呼んでいました。
親友の父で、尊敬する警察上層部メンバーが、不正に加担していると知って、ギヨンはかなりショックだったんでしょうね~。
ギヨンが作っていた雑誌のタイトルが「真実」だったので、そんな彼の曲げられない正義感が表れていると思います。

毎回、セリフは難解なのですが・・・ジェットコースターのようなストーリー展開が妙にクセになって、これからも目が離せませ~ん♪♪
2012/06/16(土) 22:48:57 |  URL | はる #- [編集]

いえいえ、私も気になったので^^

>個人的には私の中で作品の当たり外れが極端な作家さんかも…です(笑)。

あ~なんか同感です(笑)
二人で執筆されているので、作品によってどっちの作家さんの比重が多い作品…っていうのがあるのかもしれないですね。ちなみに私はランランが一番好きでした…って今見たらおもしろいかってビミョーだけど^^;

あ~あのケータイのナビのシーンで住所出てましたね確かに!私もあのシーンはハッキング?みたいなのをしたんだと思ってました。でも伏線なんて考えてなくて、ただウヒョンとガンミの関係はこんな微妙な関係だったんだ~としか思ってなかったです(笑)

ハマると詳しく調べたくなっちゃうんですよね~^^;
このドラマもおもしろいのですが、難しいので詳細レビューは今のところ断念してます(笑)

またよろしくお願いしますね~!^^
2012/06/17(日) 11:18:42 |  URL | もんちょんい #GWMyNl/. [編集]

こちらこそコメントありがとうございます~^^
って詳細レビューは書いてない…というか書けてないですが~^^;(笑)

あ、そうそう、同じ名前だから私も思い込んでいて、でもずいぶんテイストが違うなぁ??なんて思ってたらやっぱり別人でした(笑)
この幽霊の作家さんは、ホントにハッカー経験あり?ってくらいで…相当パソコンには詳しい&勉強もされているんでしょうね~すばらしい!!

>ギヨンが作っていた雑誌のタイトルが「真実」だったので、そんな彼の曲げられない正義感が表れていると思います。

私も思ってました。あの会社も「true story」って名前でしたからね、不法なことをしても真実を伝えたかったんじゃないかな~って思いました。
でも今の警察の中で不法なことをするのは、ちょっとこれ以上は危険なんじゃ~><なんて思ってますが。。。

このドラマは見るのが疲れるのですが、見終わると、「あ~今週もやっぱり見て良かった~」なんて思ってしまう不思議なドラマです。そのあと土日で「紳士の品格」で大笑いしてすっきりしてます(笑)
2012/06/17(日) 11:23:34 |  URL | もんちょんい #GWMyNl/. [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

◆コメントの際の注意点◆
※送信ボタンを押す前にご確認ください!!

以下の内容はお控えいただくようにお願い致しますm(_ _)m
・投稿記事に記載のない次回予告の内容や、それに関するニュース記事内容など
・他のドラマ等のネタバレとなる内容(ネタバレしてなかったら全然OK)
・投稿記事より先の回のネタバレ
私はできるだけまっさらな状態でドラマを楽しみたいと思っています。
どうかご協力よろしくお願い致しますm(_ _)m
※コメントは大歓迎です!!!




Copyright © もんちょんいの日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。