FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

シークレットガーデン19話

ちょこっと感想も載せましたが、いつものことながら、詳しくレビューします^^

ただし今回も長~くなってます(笑)



「俺らがキスもした仲だったのか?」と言ってライムの顔に顔を近づけるジュウォン。

なんで答えないんだ?キスしたのか?

どうだったと思う?

俺が先に聞いたんだよ!

19-01.jpg
ふ~。
キム スハンム コブギワ トゥルミ サムチョンガプチャ ドンバンサク チチカ…

と、例のジュウォン式「理性を保つ」呪文をライムが(笑)かわいい~(*^_^*)

何してるんだよ?
とジュウォン後ずさり(笑)
てかまだ21歳の時はこの呪文を使ってなかったてことか!?(笑)

守って(我慢して)あげてるの。

何?

あなたが私を守って(我慢して)くれたように
私もあなたを守って(我慢して)あげてるのよ。記憶が戻るまで。


鼻で笑うジュウォン。

何で笑うのよ?

俺があんたを守って(我慢して)あげたのか?
34歳の健康な体の俺が?


うん!

そんなはずが~
もしかしてあんたに魅力がなかったんじゃないか?


死にたい?死んで生き返ったのに実感がわかないでしょ?

普段から俺をこんな風にあしらってたのか?

あなたはムチで打たれるスタイルなのよ。

あは、Mなジュウォン(笑)

俺の失った13年を歪曲するなぁ~~!!

もう帰るね。それにもう一度来いって言ったらただじゃおかないからね!
私に会いたかったらあんたが来なさいよ。わかった?


ちょっと待て。もう一度言うけど、荷物をまとめてこい。俺のそばにいろ。
そのかわり俺がなんであんたを好きだったのか理由を見つけられなかったら
俺が行けって言ったら行かなきゃならないけどな。

嫌なのか?


そうじゃなくて、ただあなたのそばからいなくなって、
水の泡のように消えてあげようか?人魚姫のように。

言ってなよ。
私はもうあなたが望むならなんでもしてあげるって言ったじゃない。


今言った言葉どういう意味だかわかってるのか?

わかってるよ。よ~くわかってる。考えて返事して。



外から笑顔で手を振るライム^^
19-02.jpg
19-03.jpg
何だあの女は?なんであんなにかわいく笑うんだ?

完全にライムの笑顔に虜になってしまったジュウォン。
急いで出て追いかけます!

ちょっと待て!!どこに行くんだよ?送ってやるよ!!

なんでこんなに遅く出てきたのよ?

はぁ?

私があそこからここまでどれだけゆっくり歩いてきたと思う?
すんごくかわいい後ろ姿で。
そうしたら早く走って出て来て捕まえなきゃでしょ?
何をそんなにながく悩んでるのよ?


はっ…

私今日重要なミーティングがあるの。
私が事故ったせいで撮影が止まってたんだけど、私また続けて撮影できるみたい。
早く行かなきゃいけないから、キーちょうだい。運転は私がするよ。


はい、ライムの作戦に完全にハマったジュウォンです(笑)




アクションスクールです。
その重要なミーティングとは…
ライムがダークブラッドから下ろされてしまったってことだったようで…><
香港で別の人をキャスティングしたそう。

「オーディションに残っただけでも夢がかなったってことです。」って笑顔で言うライム(T_T)
ちょっとトイレ行ってきます…って言って席をはずすんです。

そんな様子を送ってきたジュウォンが見ています。

イム監督が、「記憶を失ったって話を聞いた」ってジュウォンに言います。
「そんなに俺らの仲が近かったのか?それとも本当に二股だったのか?」って、まだイム監督とライムの仲を疑ってるジュウォン(笑)

絶対にライムを忘れるなよ!
おまえはライムのために命もかけたやつなんだから!

とジュウォンに忠告する監督…うう(T_T)なんていい人なんだろう(T_T)
目覚めさえしてくれれば、笑ってジュウォンのところに送ってあげるって言ってたもんね。
ジュウォンにライムを忘れてもらっちゃこまるよね。

い…命!?
俺があんなに足の短い女に、命までかけたってことか??


もう、ジュウォンやめて~せっかく監督がいいこと言ってしんみりしてたのに、笑わせるなんて~~(笑)




19-04.jpg
ライムはひとりロッカーの前に座って、ダークブラッドの撮影現場のことを思い出してちょっと泣いてます。
そこへジュウォンが来ます。


ものすごく重要な映画だったみたいだな?

あなたが私に作ってくれた奇跡だったの。

俺が?

うまくやってのけたかったんだけど…ごめん。

わかった。何のことだかわからないけど、すまないことしたんなら、
あとで必ず返せよ。俺は計算はきっちりしているんだよ、俺は。

ところで何でストッキングに石けんを入れてるんだ?


それは石けんのかけらがもったいないから、集めて…
え??


あんたのロッカーに…
あれ?俺がどうして知ってるんだ?
俺があんたのロッカー見たことあるのか?


うん。体が入れ替わってる時…

何が入れ替わってる時?

それはまた後で。
記憶が戻って来てるみたい!何かもっと思い出すものない?


そうだなぁ…
あんたが…やらしい下着を来て俺を誘惑して…


ライムにケリを入れられるジュウォン(笑)

もうおもしろすぎ、ジュウォン!(笑)
それは本当の記憶じゃなくて、自分の中の妄想の記憶でしょ!!(笑)





オスカーの家にオスカーとスル。
そこジュウォンが来ます。
スルに目をつけるジュウォン(笑)

「ヒョンはなんでこんなに美しい方をこんなつまらないところにいさせてるんだ?」
「僕たちが知りあいだったんですか?」
「失礼ですが僕たちはどのくらい近い仲だったんですか?」って(笑)

オスカーがジュウォンじゃなくて、自分と近い仲だったって言うとがっかりジュウォン。
オンマに呼び出されて自分の家に戻るジュウォンですが、そのあとのスル。
「私たち、21歳の時に出会うべきだったのね」だって!(笑)


ジュウォン家にオンマが来てます。
ジュウォンは21歳だからか?すごい無邪気。
高いところに登ったり…
(なんか小学生みたい…(笑))

オンマ!ところで知ってた?
俺彼女いたんだよ!スタントウーマン。


…!
知ってるわよ、オンマも。


知ってたの?
でもさその女…女の子たち特有の猫かぶりもないんだよ。
スタイルはいまいちみたいだけど。


でしょ?あの子がいまいちなのよオンマも。

何だよ~オンマはあの女嫌いなんだな??

オンマが嫌いって言ったら会わない?

ううん~?
俺は好きなんだけど?^^


オンマもう帰るわね。

あ!オンマちょっと待って。俺気になることがあるんだけど。
何日か前…いや13年前だって言ったよな。
とにかくエレベーターから俺を助けてくれた消防官のおじさんはどうなった?


!!!!

怪我したところはない?
今になってありがとうって挨拶したらちょっとあれかな?


そうよ。あんたは昨日のことみたいだけど、その方も私も13年前のことなのに…。
オンマがちゃんと言っておいたから。あんたはそんな心配する必要ない。


でも…もしかして連絡先知らない?名前でも…

ならオンマが調べておく。調べて、知らせてあげる。

OK!^^



無邪気なジュウォンがかわいい^^
素直にライムのことを気に入ってるっていうのも^^
なんでこんなに違うんだろう~って思ったら、まだ若いからか、オンマにパンマルなのよね~
それにしても、記憶を失ってすぐはライムアッパのこと覚えてなかったって言ってたのに、いつのまにか思い出してたのね…!





ライムとアヨンは、夢の話をしてます。
以前話していたアヨンの夢が全部あたってたっていうライム。

あ~どうしよう。

何?

実は私昨日また夢見たの。

何の夢?

嫌だ。言わない。私の夢は全部当たってるんでしょ?嫌だ。

何なのよ?悪い夢なの?どんな夢なのよ?

ある黒くて高い門の前なんだけど、白い服を着た子供が三人泣いてるの。
すごく悲しそうに。
でも一方では社長が口を閉じて涙をぽろぽろ流していて、あんたは怒鳴ってるの。
それで目が覚めたんだけど気分がよくなかったんだ。


なんか…内容がわかったらたいした夢じゃない気がしてきた…(笑)
なんかジュウォンにライムが叱ってる…のかな?(笑)
何したんだジュウォン!(笑)





キム秘書がまた、社長が呼んでますってことでライムを迎えに来ます。
向かった先とは…?

温泉?お風呂(笑)


ぶっ殺されたいの?何でこんなところに呼ぶのよ?

何でこんなとこに呼んだと思う?
体を見ようと呼んだに決まってるじゃないか。
とこであんたの服装、かなり反抗的だな?


あ~このガキ!あんたが最近いつもちょっと休んでるからって、
世の中がパステルトーンでしょ?(←?)


34歳の俺がどうだったかわからないけど、21歳の俺はこうやって遊ぶんだよ。

入れよ。


と言って、ライムを温泉の中に引っ張って入れます。

きゃぁ~~~!!
あ~!!あんたホントにぶっ殺す!!
あんた若い時こんなことして遊んでたの?


うん。

誰と?女と!?

うん。かわいい~女と。

はぁ~

何だよ?俺のことたいして知ってることないんだな?
俺たち付き合ってた仲なの本当か?


そういうあんたは私のこと知ってるの?

なんだよ。もしかして男関係が複雑な女なのか?

知らなかったのね?主に男たちだけを相手にしてて…

何?

場所はね~主に竹やぶ、車の中、野外、などなど。
男たちが、好きだから。


何??た…た…竹やぶ?うわ~ 
って言うと思ったか?
俺が一度騙されてもう一度騙されると思うか?


え?

何だよ?

今また思い出したんでしょ?

あ?そうなのかな?


19-05.jpg
19-06.jpg
うれしくて抱きつくライム^^

思い出すと思った~そう思ったよ~^^

うん^^
こうしてると他のことも思い出すような気が…


と言って、ライムの腰の方に手をやって…(笑)

手を元の位置へ!

思い出そうと思ってやってるんだよ~

なら私が思い出させてあげる。
二日に一回は私たちこうしてたんだよ。思い出すでしょ?


と言ってライムは左手を縛り上げて…(笑)

あああ~~離せよ!

すぐにソウルに戻る、右手!このままいる、左手!

左手をどうやってあげるんだよ?左足を代わりにあげたらだめか?


それでもこのまま遊び続けたい21歳ジュウォンでした(笑)


うまいです脚本!!!(笑)
1話でジュウォンとの初対面の時の話ですね。
パク・チェリンだと勘違いされて、連れてこられたホテルでの二人の会話…
「主に男だけを相手にして…」「竹やぶ…車の中…」ってね(笑)
まさかこんな所でまた出てくるとは…
ホントひとつひとつのセリフが気が抜けられないですよね…。
何回も1話から見直してて良かった…(笑)





ジュウォンはライムを家まで送ってきてくれます。
そこでジュウォンが目にしたものは…!
ボロボロの家!!!しかもドアのガラスにはテープで割れたあとを抑えてるし…(笑)
あっけにとられるジュウォン(笑)

いいんだか悪いんだかわらないんだけど、人ってものすごく一貫性があるね。
初めて私の住んでる所見たときもまさにその表情だったんだよ。


だろうな。
あのもしかしてあんたのとこにも俺の電話番号入ってるのか?


あたりまえでしょ?何で?

消せ!



あはは~~相当ライムの家にショックを受けてたね(笑)
そんなところは21歳でも34歳でも一緒^^
それにしても番号消せなんてひどい…(笑)





ある日ライムがアクションスクールで鍛えてるときにオスカーがやってきます。
そうそう、オスカーはまた芸能活動できるようになったんだよね~♪


twenty-oneのジュウォンとはどうですか?よく会ってるんですか?

う~ん。
あの子、血気盛んで、やらしいんですよ。
ふふ^^かわいくて死にそうなんでです!!


かわいいんですか?
わ~ライムさん、本当にそんな風には見えなかったのに。
やらしい男が好きなんですか?
女とこんなに付き合っても女の本音はわからないんだよ俺は。


と言いながら、服をはいで肩を見せるオスカー(笑)

そんなことしてるとキム・ジュウォンにやられちゃいますよ?
瞬間瞬間に記憶がよみがえってるんです。


本当ですか?本当に?

あ~良かった…は良かったんだけど靴と時計をまた返せって言うんじゃないか?
また奪われるならいっそのこと売りさばいちゃいますかね?


うんうん^^21歳のジュウォン、ナド キヨウォ チュッケッソ~~!!(笑)




ライムを家まで送ってきてくれたオスカー。
また仲良さげに二人話してるんです^^
「また僕らファンミーティングできるかな?」なんてオスカーが言うと、
「どこのオッパがファンを望んでるのよ?」なんて(笑)

19-07.jpg
いい光景だなぁ~?

ジュウォン登場!!そして以前のセリフとおんなじ!(笑)
でも花柄のジャージじゃない!!残念><(笑)

うわっびっくりした!!

見たでしょ?無意識に覚えてるんですよ。

ファンだっていうのウソだろ?
どんな芸能人が一人のファンを家まで送ってあげるんだよ?
俺を愛してるんだろ?俺たちは愛し合ってる仲なんだろ?
一体何股かけてるんだよ?


オッパ!ここまでいらっしゃったんだから、
いつもみたいにお茶一杯飲んでってくださいよ。


もちろんです!行きましょう!階段気をつけて。

あいつら…!待てよ!二人とも!腕離せよ!
俺の言うこと無視しちゃだめなんだよ!!


わざとジュウォンに仲いい素振りを見せて嫉妬させて面白がってるライム&オスカー(笑)

で三人はライムの家へ。
それを見てたのはジュウォンオンマの秘書…
この人もいい人なのよね~(笑)
「お願いだから私に見つからないでくださいよ~~><」って言いながら仕事なのでジュウォンオンマに報告^^;

二人でコーヒーを入れてるオスカー&ライム(笑)
ジュウォンがそこで見たのはオスカーのポスター!(笑)

あれ何だよ!?
俺と付き合ってるって言ってるくせに、写真は何でヒョンの写真なんだよ!?
もしかして二人本当に付き合ってるんじゃないのか?


だとしたらどうするんだ?

そうか?
なら俺はユン・スル!!^^
19-08.jpg
36・24・34。
あ~ノム チョア~~~(すごいいいな~)


とスルのスリーサイズ(想像)を言うジュウォン(笑)アホ(笑)

何!?

ヤ~!こいつ!!!


と言ってジュウォンにケリを入れるオスカー(笑)

19-09.jpg
きゃ~~!ウリオッパすごい~~~!!!

「ウリオッパ」!?
付き合ってるのは間違いないな!
何で俺にばっかり…



もうアホ!としか言いようがないこの光景(笑)でも好き!(笑)
そして21歳でもやっぱり…ライムの言う「ウリオッパ」には反応して嫉妬のジュウォン(笑)



そこへジュウォンオンマから電話が…
電話に出るジュウォン。

オンマよ。あんたがこの前聞いてきたあの消防官いるじゃない。

調べてくれましたか?

あんたがつらいかと思ってオンマが言えなかったんだけど、実は殉職されたの。

何でですか?もしかして僕のせいですか?

最後まで聞いて。あの方のお名前がキル・イクソンって言うの。
その方に娘が一人いるの。
その子の名前がまさにキル・ライムよ。


!!!

今あんたの目の前に座っているでしょう。

どうしたんだ?誰だよ?

続けてください。

あんたが記憶を取り戻せばわかるだろうけど、
あの子は自分のアボジの命を理由にあんたに近づいたの。
あんたの足首を捕まえようと亡くなったアボジまで利用して
あんたの罪の意識を刺激する子なのよ。
オンマは今からでもあんたが正しい判断をしてくれればいいと思ってる、キム・ジュウォン。


電話を切るジュウォン。
う~~そういう行動に出たか、ジュウォンオンマめ!!
ジュウォンが記憶を取り戻す前に、新しい記憶を植え付けようって魂胆ね。

ジュウォンはオスカーに席をはずしてくれって言って、ライムと二人で話すジュウォン。

どうしたの?

あんたのお父さん、消防官だったのか?

思い…出したの?

亡くなったんだろ?

うん。

もしかして俺のエレベーター事故と関係があるのか?

どうしてわかったの?
今のもしかしてお母さんからの電話だったの?


もう行かなきゃ。

ちょっと待って!私の話をちょっと聞いて!

ところで何でこんなところに住んでるんだ?
本当に俺と付き合ってたのは間違いないのか?
俺がこんな暮らしの女と付き合うこともないだろうけど、
もしも付き合ってたとしてもこんな風に暮らしたままにはさせないと思うんだけど。


すごくたくさんのことがあったの。
私が説明するから。私が全部…


いやしなくていい。
これは俺が思い出さなければならない問題のようだ。
19-10.jpg
あんたが俺をとことん騙して、また騙そうとするなら、
俺は…騙されてあげたくなるだろうから。



ううう~~ジュウォン誤解だよぉ…(T_T)
でも、「騙されてあげたくなる」ってことは…
ライムのことを気に入ってるからってことで…いいのかな??





家に帰るジュウォン…
帰った家には自分が大事にしていたものがたくさんあるとお手伝いさんに教えてもらいます。
「3万5千ウォン」「掃除機」「みかん」そのほかライムに無理矢理着させようとした服たち…

何でこれらを自分が大切にしていたのかがわからないので、
キム秘書に連絡して、「これらは何だ?」って聞くジュウォン(笑)
でもキム秘書に「何でそれを僕が知ってるんですか!?」と言われてしまいます(笑)
ジュウォンはまだ年末年始に雇われたばっかだと思ってる様子(笑)

そうそう、この後キム秘書&アヨンの「泡キス」が!!!(爆笑)
でも、アヨンに水をかけられて、「許した覚えないんだけど!??」って怒られ…(笑)
「ドラマ見たら…許しを得てからやったんじゃなかったんだけど…」とキム秘書(笑)

まさか同じドラマ内でパロディーがあるとは!
ホントこの脚本サイコー!!!!(笑)





ジュウォンは書斎でオンマの言葉を思い出してます。
「あんたの足首をつかもうと、亡くなったアボジを利用する子なのよ…」って。

ふと本棚にある「不思議の国のアリス」に何か紙が挟まってるのに気づくジュウォン。


19-11.jpg
そして人魚姫は水の泡になって
消えてしまいました
 ようとした瞬間、
真実を知った王子は隣の国の姫に
「これが最善ですか?確かですか?」って言い、
婚約解消し、人魚姫に駆け付けたけど
人魚姫は水の泡に着眼し、空気水滴洗濯機を
開発し財閥になりました。
一方、なぜだか投資で破産した王子は
人魚姫の「キム秘書」になっていつまでも
本当にただいつまで~も暮らしただけです。


と、人魚姫の最後の一節「そして人魚姫は水の泡になって消えてしまいました」が訂正されて、別のストーリーに書き換えられてるのを見ます。
「誰がこんなバカなことしたんだ?」って言いながら、それが自分の字だってことに気づくジュウォン…

てか、お腹痛い!!(笑)いつのまにこんなのを書いたのジュウォン!?
あの時あの泣いてる状態で絶対こんなこと書くの無理でしょ!?(笑)
でも本人の字ってことは、ジュウォン的人魚姫の結末はこういうものに変化したってことですね…
そして「キム」秘書。そうだ!ジュウォンの名字も「キム」だったんだ!(笑)




そしてジュウォンはライムの言ってた言葉「いなくなって水の泡になって消えてあげようか?人魚姫のように。」を思い出し…

その「人魚姫」って言葉を引き金に…!!


思い出したぁぁ~~~~~!!!!!!

自分が「水の泡のように消えてってことだよ」って言ったこと。
バラの花が入った花瓶がこの書斎で割れて散らばったこと。
泣きながらライムに手紙を書いたこと。
ライムを連れて雨雲の方へ向かったこと。

ジュウォンは走ってライムのところへ向かいます!!

その間にもどんどん記憶が戻って…

パーティーでライムとキスして愛を確かめ合ったこと。
済州島で二人の魂が入れ替わったこと。そして警察署でまた戻ったこと。
エレベーターでまた戻ったことも。
合宿所で目で会話したこと。
ライムと初めて出会った時のこと。
ライムが腕に怪我して病院に連れていったこと。
その傷を確かめたこと。
腕立て伏せで顔が近づいたこと。
ライムのアクションを見て、なぜだか惹かれてしまったこと。

そう、だんだん古い記憶まで思い出し始めてるんです。
そしてしまいには…

19-12.jpg
お葬式で泣き崩れている少女の姿…。

19-13.jpg
ライムだったんだ!
あの時のあの少女がライムだったんだ!!


全部思い出したジュウォン。
ジュウォンはライムアッパのお葬式に来てたんですね…。




ライムの家に来たジュウォン。

どうしたの?何があったの?

何かあったの?何なの?
もしかしてアッパのことで何か誤解してるなら…
私が全部話してあげる。
実は…うちのアッパがあなたを…


と言いかけたライムを抱きしめるジュウォン。

アッパの話じゃないの?
違うなら何で来たの?


19-14.jpg
こうしようと思って来た

そのフレーズにはっとするライム。
もしかして…思い出したの!?
全部思い出したの!?


いや。

違うの?でも今…

俺、お見合いすることにしたんだ。

何?何でお見合いするのよ!?
あなたは本当に私のこと好きだったんだってば!


どうだろうなぁ。
あんたがしきりにこうして言い張るから信じられないんだよ。
恋愛が言い張って成り立つものだったら
この世のすべての恋愛史は全部ニセモノじゃ?

いくら考えてもお宅は俺のタイプじゃない。
俺がお宅みたいな女を好きだっていうのがありえるか?


キム・ジュウォン!

一体俺に何をしたんだ?
家柄、外見、学歴、何一つ該当しないくせに
よくも俺を堂々とすがらせるんだ?


キル・ライムさんは一体いつからこんなに
頭が悪くなったんだ?去年から?
このくらいになったら気づくだろう。

俺がこの夜中に何でこうしてるんだと思う?この女め。
全部思い出したんじゃないか!


19-15.jpg
それを聞いてライムは泣きだします。
今まで強がってたけど、どれだけ不安だったことか。
戻りそうな気もするけど、でもジュウォンの記憶が戻らなかったらどうしよう…
っていつも不安で仕方なかったんじゃないかな。
それにしても名セリフのオンパレードでしたね。
うまいなぁ。ホント何回も言ってるけど脚本。
そして「キル・ライムさんはいつからそんなにかわいくなったの?」を「頭が悪くなったの」に変えてるところがまた面白い(笑)そのままのセリフだけを繰り返すより全然いい!!!!


あまりにもライムが泣くので、

ご…ごめん。
俺はお前がもっと好きになるようにふざけたんだよ。


うわ~ん。あんた今日死ぬよ!!ぶっ殺してやるんだから~~!!


と言ってジュウォンをバシバシ叩きます。泣きながらね。

あ~痛いよ!
じっとしてろよ。
俺はまだ重要な話が残ってるんだよ。


何よ?何なのよ~~!!!


19-16.jpg
ジュウォンはライムのおでこにそっとキスをします。

19-17.jpg
愛してる。これは俺の分。

必要ない!この悪いやつ!!


そしてジュウォンはもう一度ライムのおでこにキスをして…

本当に愛してる。これは…お父さんの分。

必要な… え???


その言葉にはっとするライム…。

ジュウォンは事故当時のことを話しだします。

俺は、エレベーターの中に閉じ込められていたんだ。
足首を怪我して、立ち上がることすらできない状態だった。
煙のせいで息をすることもできなくて。
死ぬかもしれないという恐怖と不安で震えて、
助けてって叫ぶこと以外は何もできなかった。
その声を聞いて誰かが駆けつけて来てくれることを切に願いながら。


神よ、私が呼ばれた時は、いくら強力な炎の中でも、
一人の命を救う力を私にください。


ジュウォンはライムの手を握り、話を続けます。

もう死ぬんだなぁって思ったその瞬間、奇跡のようにエレベーターのドアが開いたんだ。
そしてある消防官が一人、俺の方に手を差し伸べたんだ。





※以下回想シーンです。

消防官が手を差し出すんですが、怪我した足が痛くて経てないジュウォン。
「怪我したのか?」と言ってその消防官はエレベーターの中に降りて来てくれます。
ジュウォンを支えて上にあげようとしてくれた瞬間、エレベーターが動き、二人は床に倒れてしまいます。
そしてその瞬間、ドアがまた閉じてしまいます。

ドアが閉まっちゃいました。どうしましょう?

心配するな。俺もここから出なきゃならないんだよ。
うちの娘が今待ってるんだ!


地獄のような炎の中へ進むとしても
神よ、私は今でも怖く、雨が降ることを祈っています。
そして神の思し召しのままに、私の命を失うことになったら…


やっとの思いでその消防官はエレベーターのドアをこじ開けます。
自分の肩を使って、ジュウォンを先に外に出してあげます。

ここから出たらうちのライムを紹介してやるよ。
すごくかわいくて気絶するぞ~!^^


この状況でそんな冗談を言って、ジュウォンを元気づけてくれる消防官(T_T)

そして次は自分が上がろうと思い、ジュウォンの手をつかんだ瞬間、またエレベーターがぐらつきます。
エレベーターがこのまま落ちると察した消防官は、ジュウォンの手を離そうとします。

だめです。離さないでください。だめです。

手を離せ。間違ったことになったら俺の重みで一緒に墜落する。
身を低くして右側の方へ走れ!そっちが出口だ!!


19-18.jpg
嫌です。行きません。つかまってください早く!つかまってください!!

19-19.jpg
早く出て行け!
出て行ってうちの娘に
「早く帰れなくてすまない」って
「愛してる」って
「アッパが本当にすごく愛してる」って
伝えてくれ…


お願いです。お願いだからつかまってください。僕の手をつかまえろよ~!!

よろしくな。

やめてください…やめてください…お願いだから…

どけ~~!!


と言って、ジュウォンの手を離す消防官><

だめ~~~~!!!!!!

その瞬間エレベーターは墜落し爆発…



その話を聞いて涙するライム…

それが最後の遺言だったんだ。

ごめん。いまになって伝えることになって。本当にごめん。


ううんって首を横に振るライム。

ジュウォンはライムを抱きしめて、
19-22.jpg
19-23.jpg
ごめん。

ううん。ありがとう。
私がどれだけ愛されてた子だったのか
今でも教えてくれて本当にありがとう。



ライムアッパとジュウォンの約束ってこのことだったのね…
ライムに「アッパは愛してるよ」って伝えること(T_T)
そして、炎の中でアッパが言ってた言葉。
「ここから出たらライムを紹介してやる」って…。
ジュウォンが無事あそこから出ることができたから、
本当にアッパがジュウォンとライムを引き合わせてくれたんじゃないかな??
って思いました(T_T)





そして二人はアッパのところへ挨拶に行きます。
19-24.jpg

お父さんの最期の言葉を、最後の遺言を
とても遅くなって伝えることになってすみません。
とても時間がかかってしまってすみません。
伝えに行ったんですが、伝えられませんでした。
お許しください。

そして僕を助けてくれて本当にありがとうございます。

19-25.jpg
娘さんはとても立派に成長しました。
僕みたいなやつに渡すのはもったいないでしょうけど、

娘さんを僕にくださるのなら、一生この女性の男として、
キル・ライムの男として幸せに暮らします。

19-26.jpg

感動…!!ステキです…(T_T)

そして二人はアッパの前でしっかり手を繋ぎます。





ライムの家の前。

お父さん、俺のこと気に入ってくれたかな?

そんなはずがあるわけないでしょ?
いつも自分の娘を無視して、ものすごく泣かせたやつを
どこのアッパが気に入ると思う?


おい!ならどうするんだよ?

何をどうするのよ?方法は立ったひとつよ!
あなたが私を死ぬほど愛して、
私はあなたを狂ったように愛して。


^^

ところでさっき言ってたの何?
うちのアッパの遺言を伝えに来たんだけど、伝えられなかったって…。


お父さんと俺がしてた話じゃないか。それが何で気になるんだよ?

気になるでしょ~?何なの?

気になるならお父さんに聞けば?

明日一緒に行くところがある。
一番かわいい服来て待ってろ。迎えに来るから。じゃあな。


明日?どこに行くの?





その夜、ジュウォンはオンマの家に来ていました。

ジヒョンが来たの。あんたの記憶が全部戻ったって知らせを聞いて
オンマはすごいうれしいわ。


本当にうれしいんですか?
こわくはないんですか?


私は、息子を信じてるから。

僕もオンマを信じてたのに、オンマは最後までひどかったです。
あの女にもひどくて、僕にもひどかったけど、
オンマ自身に一番ひどいことをしたんですよ。
どうしたらあんなウソをつくことができるんですか?


あれくらいのウソが何よ?
息子を奪われそうになってるのにあれくらいのウソが何よ?


ちがいます。オンマはいつも正しかったわけじゃなかったけど、
正しくない時でもオンマはいつもプライドがあって格好よかったんです。
僕はそんなオンマを愛してたし。
なのにオンマは今回のことでプライドも失い、僕も失ったんです。


キム・ジュウォン

だから僕はこれからオンマの息子として生きません。

キム・ジュウォン!

19-27.jpg

本当に申し訳ないけど、オンマの息子として34年生きてきたから、
これからは残りの人生は彼女の夫として生きて行きます。



自分の息子を助けるためと思ってついたウソによって、結局は息子を失うことになるんですね…。
でもジュウォンの堂々とした結婚宣言!!かっこ良かったです~~~~!!!


で、19話終了~~



今回の前半は21歳ジュウォンと、ライムのドキドキ~~♪が描かれていて、ぷっって笑うようなシーンもあったのに、後半は一転して、事故の事実が明らかになって涙涙…(T_T)

ホントこの笑いと涙のバランスが絶妙です!!!
(いつも言ってますが。笑)

でも、ようやくジュウォンも事故のことまで記憶を取り戻して、あの閉所恐怖症という病も克服できるようになるんじゃないかな?って思いました。

そして無事、アッパとの約束を守れたジュウォン。
あの夢の中では「俺のこと忘れてもいい」ってアッパは言ってたけど、
ジュウォンはちゃんとアッパのことまで思い出してくれましたね。良かった^^

ここまで長々読んでくださってありがとうございます^^

よろしければ拍手を^^
↓気に入っていただけたらクリックでランキング投票お願いします♪ それぞれ1日1回でOK^^
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
関連記事
シークレットガーデン | 2011/01/17(月) 22:17 | トラバ(-) | コメント(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

◆コメントの際の注意点◆
※送信ボタンを押す前にご確認ください!!

以下の内容はお控えいただくようにお願い致しますm(_ _)m
・投稿記事に記載のない次回予告の内容や、それに関するニュース記事内容など
・他のドラマ等のネタバレとなる内容(ネタバレしてなかったら全然OK)
・投稿記事より先の回のネタバレ
私はできるだけまっさらな状態でドラマを楽しみたいと思っています。
どうかご協力よろしくお願い致しますm(_ _)m
※コメントは大歓迎です!!!




Copyright © もんちょんいの日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*